健康食品・健康グッズ、サビ取り、入浴液等用品の通販ならオプティマルライフ

ログイン
新規会員登録 カート
ホーム お支払いについて 配送について 特定商取引法 公式ブログ お問合わせ

健康食品・健康グッズ、サビ取り、入浴液等用品の
通販ならオプティマルライフ

HOME > オプティマルライフコラム > サプリメント > 「腸内フローラ」の状態が心の健康を左右する?!

「腸内フローラ」の状態が心の健康を左右する?!

「腸内フローラ の状態が心の健康を左右する?!

「腸内フローラ」の状態が心の健康を左右する?!

腸内環境が健康に大きく影響を及ぼすという事実は、広く知られていますよね。
健康を維持しようと、「腸内フローラ」と呼ばれる腸の細菌の集団(=細菌叢)に、身体に良い影響を与える「善玉菌」を増やす努力をしている方は数多くいらっしゃいます。

実はその腸内フローラの状態が、身体だけではなく「心」の健康にも関わっていることはご存知ですか?
今回は、腸内フローラと心の関係について詳しくお話しいたします。

 

腸内フローラの状態が精神を左右する?

腸には、1兆を超える神経細胞や人の体内にある毛細血管の半数以上が集まっており、非常に多くの機能を担っています。
なんと、腸内に入って来た物質の良し悪しを腸自体で判断することができるのです。
そのことから、腸は『第二の脳』とも呼ばれています。

さらに腸は、神経系などを通して脳と連携しあう関係です。
“ストレスでお腹を下す”“緊張でお腹が痛くなる”など、精神(脳)と腸に因果関係を感じる経験をしたことはありませんか?
これを「腸脳相関」と言い、腸の状態と精神の状態は互いに影響を及ぼし合っているとされています。
腸の働きは、神経伝達物質のひとつであり、幸せホルモンとも呼ばれる「セロトニン」の生成にも関わっているのです。

 

精神の健康にはセロトニンが不可欠!

セロトニンの不足は、うつ病などの精神疾患を招く原因のひとつ。
先ほどお話したように、腸はセロトニンの生成にも大きく関わっています。

人の持つセロトニンのおよそ90%が腸内に存在しているのです。
セロトニンを生成する上で重要な役割を果たしているのが、腸内フローラの細菌たち。
腸内フローラが正常に働いていなければ、セロトニンが不足してしまいます。
乱れた食生活や不規則な睡眠で腸内フローラの環境が悪化していると、セロトニンの供給不足になり、心の健康に悪影響を及ぼしてしまうのです。

 

腸内フローラの状態を整えて心も体も健康に

腸内フローラの状態を整えて心も体も健康に

腸内フローラの善玉菌を増やし、腸内環境を良好に保つために効果的なのはやはり「乳酸菌」です。

しかし、ただ乳酸菌を摂取しても、腸内で増えてくれなければあまり意味はありません。
そこでオススメなのが、乳酸菌のエサとなる「乳酸菌酵母発酵物質」を摂取すること。

 
 

NN12ドリンク

腸内フローラの状態を整えて心も体も健康に

NN12ドリンクには、乳酸棹菌2種、酵母3種の複合発酵によって生成されたNN12が含まれています。
乳酸菌酵母発酵物質を腸に届けることで、元々腸にいる善玉菌たちを増やし、腸内フローラを良好な状態へと導いてくれるのです。

腸内環境を整えて、身体だけではなく、心も健康な状態を保っていきましょう。

詳しい商品情報はこちら

 
 

この記事に関連するキーワード

キーワード検索