健康食品・健康グッズ、サビ取り、入浴液等用品の通販ならオプティマルライフ

ログイン
新規会員登録 カート
ホーム お支払いについて 配送について 特定商取引法 公式ブログ お問合わせ

健康食品・健康グッズ、サビ取り、入浴液等用品の
通販ならオプティマルライフ

HOME > オプティマルライフコラム > 健康グッズ > こまめな歯磨き習慣を! ペットの健康と口内環境

こまめな歯磨き習慣を! ペットの健康と口内環境

こまめな歯磨き習慣を! ペットの健康と口内環境

こまめな歯磨き習慣を! ペットの健康と口内環境

大切な家族の一員であるペットには、健康に長生きしてほしいものですよね。
人もペットも、健康な生活を送るためには「健康な歯」を保つことが大切です。

しかし疫学的には、なんと3歳以上の犬や猫の8割以上が歯周病になっているとされています。
大切なペットの歯を守り、健康を守って行くためには一体どうしたら良いのでしょうか。
今回は、多くのペットを悩ませる歯周病の原因とその対策方法をご紹介いたします。

 

そもそも歯周病って?

歯周病とは、歯肉や歯根膜、セメント質といった歯周組織に起こる病気の総称です。
主な歯周組織のトラブルに、歯茎に炎症が起こって赤く腫れあがってしまう「歯肉炎」、歯肉炎が進行して歯肉が退行、歯根の露出などが起こる「歯周炎」といったものが挙げられます。

人間の場合、歯周病は心筋梗塞や脳梗塞、糖尿病といった全身疾患にも多くの影響を及ぼすことが分かっています。
ペットの場合も、人間と同じように歯周病が全身疾患を引き起こす原因の一つになりかねません。

歯周病をたかが口内の病気と侮っていると、大切なペットの命に関わる大きな病気にまで発展してしまう可能性もあるのです。

 

歯肉炎の原因は

ペットの健康を守るために、まずは歯周病の中でも初期の段階である歯肉炎を予防していかなければなりません。
歯肉炎が発生する原因は、口内で細菌が繁殖してしまうこと。

歯に付着した食べカスなどをエサに口内細菌が増殖すると、歯の表面に歯垢(プラーク)と呼ばれる塊を形成してしまいます。
歯垢を放置しておけば、唾液に含まれるカルシウムなどを取り込んで石灰化し、硬い歯石へと変化していくことに。

歯肉の炎症部分に歯垢や歯石が溜まることで悪化し、歯周炎へと進行していってしまうのです。

 

歯周病の主な症状&対策方法

口内に歯垢や歯石が溜まると、口臭が発生するようになります。
また、食事の際に痛がったり、しきりに口周りを気にしたりするようであれば、歯周炎へと進行してしまっている可能性が高いと言えるでしょう。

歯垢・歯石が溜まらないようにするためには、自宅でデンタルケアを行ってあげることが大切です。
ペット用の歯ブラシや、歯磨きジェルを活用し、こまめなデンタルケアを行いましょう。

 
 

プロバイオデンタル(ペット)口腔内フローラ

プロバイオデンタル(ペット)口腔内フローラ

プロバイオデンタルペットは、口内の善玉菌を増やす効果が期待できるサプリメントです。
デンタルケアの一環として取り入れてみることで、より良い効果を得られる可能性がありますよ。

詳しい商品情報はこちら

 
 

こまめな歯磨き習慣を! ペットの健康と口内環境

いかがでしたか? ペットの健康を保つ上での口内ケアの重要性についてお話しいたしました。
たとえ歯磨きが苦手な子でも、時間をかけてゆっくりと慣らしていってあげてくださいね。

歯磨きに慣れるまでは、デンタルケア効果のあるおやつを取り入れてみるのもオススメです。
大切なペットの健康を守るために、歯ブラシや歯磨きジェルを使ったデンタルケアをこまめに行っていきましょう。

 
 

この記事に関連するキーワード

キーワード検索